×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いびき マウスピース 止める

マウスピースがいびきを止める

いびきを止める方法の一つに、様々な装具を使うと効果的という情報があります。その一つにマウスピースを使い、いびきを止める方法があります。

マウスピースというと、ボクサーが試合の時に口の中を切らないようにする為に噛むものですよね。それがいびきとどういう関係があるというのでしょう?

本来いびきの主な原因は、呼吸の気道が狭まることが原因で、いびきを解消するためにはその気道を確保すればいいわけです。

マウスピースには気道を確保するための、喉を浮かせる効果があります。マウスピースをつけると下あごが自然に持ちあがり空気の通りがよくなるわけです。

いびきの防止や軽度の睡眠時無呼吸症候群の方が使用します。効果は実に90%と高い効果が実証されています。マウスピースは一見いびきの治療には何の関係のない様に感じますが、いびき防止に役立つなんてびっくりですね。

マウスピースを使うために

いびきを治すために使うマウスピースは、ボクシングに使うマウスピースとは違います。まず、これは歯医者さんで作ってもらいます。いびきの治療というと、耳鼻科を思い出しますが、歯医者さんでもいびきの治療は行っているんですね。

マウスピースは、その人ごとに合ったサイズを作らなければ意味がありませんから、患者さんごとに作られます。患者さんごとの顎の状態や、歯に合うようにアクリル樹脂で作るわけです。

上下の歯の間に固定して、顎を前に突き出すようにマウスピースが作られ、適度な空間ができるようにします。いびきで悩む方も多いでしょうから、口に入れるだけで効果があるマウスピースは手軽で簡単な治療法といえるでしょう。また、手術したりというのを考えると体の負担も当然軽くて済みます。

長い通院や、手術を考えたらいびきの治療法の中でマウスピースの装着はお勧めの治療法といえますね。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?